SA.KU.RA Step

"華(はな)"開く女子の強さとしなやかさ

SA.KU.RA Step 写真 SA.KU.RA Stepとは、女子生徒だけという「のびやか」な環境の中で、基礎学力の土台作りから体験授業・学校行事・部活動・委員会活動などを通して、社会に出るときには「美しく」「たくましい」女性へと成長させる、本校独自の教育プログラムです。

基礎学力

〜1年次からの学習成功体験・卒業後のなりたい私へ〜

中学校時代はあまり勉強に興味が持てなく、学習には前向きに取り組めなかった。そのような生徒でも、桜華ではこれまで眠っていた新たな自分を再発見できます。1年次の主要教科の習熟度別「学び直し」授業での、『やってみたら、分かった。ちょっと楽しいかも!』から始まり、2年次には『やればできる』、3年次には『なりたい私』をコンセプトに、学習においての成功体験を大切にしています。熱心な教師陣による指導のもと、たとえ中学のときに苦手意識を抱いていた教科があっても、桜華では十分に学び直すことができます。

基礎学力 写真1 基礎学力 写真2

授業の一部を紹介
小論文の基礎・計算の基礎・基礎からの英語

高校1年次には、主要3教科において義務教育段階の『学び直し』に重点をおいた授業をおこないます。各教科におけるクラス編成も習熟度別に編成し、生徒一人ひとりの学力レベルに見合った、無理のない授業を展開。徹底的な基礎学力の習得により、生徒個々の自信とやる気を育てます。

社会福祉基礎A

高校2年次の総合進学コース・社会福祉専攻の生徒を対象とし、社会福祉に関する基礎的な知識と技術を習得して、現代社会における意義と役割を学ぶ授業です。座学のほかに、本校の福祉実習室にてベッドメイキングや体位変換、歩行介助などを体験的に学習します。そして、本校で学んだことを活かし、近隣の高齢者福祉施設への見学およびデイサービスでの実習をおこないます。この講座には、介護や看護の現場で活躍している卒業生が、講師として来校しています。

トレーニング論

高校2年次の総合スポーツコースの生徒を対象とし、あらゆる角度からスポーツとの関わりを学ぶ授業です。「するスポーツ」「支えるスポーツ」「つくるスポーツ」など多角的にスポーツを学ぶことによって、自身の競技力向上はもちろん、生涯にわたってスポーツに慣れ親しむことのできる人になること、またスポーツが嫌いな人にスポーツの良さを伝えることのできる人になることを考えます。

女子教育

〜社会から歓迎される、ひとまわり成長した私へ〜

朝の清掃活動から始まり、だれにでもきちんと挨拶をするという、日常の当たり前の取り組みを大切にしています。そして、3年間のマナーの授業を通して、美しい女性としての所作を身につけさせ、社会に出た時に好感を持たれる美しい女性へと成長させます。このマナーの授業では、立ち居振る舞いや浴衣の着付けを学びます。2年次には全日本マナー検定協会が実施するマナー検定初級を、3年次にはマナー検定中級を取得することができます。

マナーのカリキュラムは、こちらをご覧ください。

女子教育 写真1 女子教育 写真2

体験学習

〜実際に体験することによって、新しい私へ〜

学校行事・部活動・委員会活動を大切にしています。そこでは、生徒一人ひとりが集団生活の中で自分自身の役割を担い、特に体育祭や文化祭などの大きな行事では男子生徒の力を借りず、力仕事などの全てを女子の手で作り上げるため、体験的にたくましい女子力(人間力)が育成されます。

体験学習 写真1 体験学習 写真2

体験学習の一部を紹介
文化祭(桜華祭)

本校の文化祭は、ゲーム・展示・模擬店・ステージ発表と盛りだくさんです。例年、多くのお客様に来ていただき、大盛況です。そのお客様をおもてなしするために、準備も片付けも生徒が主体的におこないます。

高大連携授業

『日体ファミリー』の一員として、本校と日本体育大学との間でさまざまな交流をおこなっています。その中のひとつが、スポーツの総合大学としての日体大の専門性を活用した、高大連携授業であり、これは総合スポーツコースの生徒を対象としています。生徒は、日体大健志台キャンパスにおいて、大学教授の授業をうけます。より専門的な技術を学ぶとともに、自分の進路についての意識も高まります。

リーダー研修会

本校生徒会執行部と、姉妹校である柏日体高等学校・日体荏原高等学校の生徒会執行部との合同研修会です。ここでは本校の代表として活動の様子を発表し、ディスカッションをおこないます。他校のリーダーと交流することで、より視野を広げることができます。

ページの先頭へ