校内看護技術体験会

18/08/23

校内看護技術体験会

8月23日(木)、本校卒業生で立川市内の病院で看護師として勤務している松田叶恵さん(52期生),西武文理大学3年生の吉本留奈さん(56期生),および佼成看護専門学校2年生の千葉原颯己さん(57期生)を講師に迎え、福祉科の看護師志望の高校3年生を対象に本校福祉実習室で「第5回校内看護技術体験会」を開催しました。さらに看護系大学1年生の卒業生もゲストとして参加しました。この会は生徒一人ひとりの進路実現に向けた、「看護医療系卒業生進路交流会」や「校内看護系進路講演会」に続く進路行事です。
当日は、基礎看護技術の中でもアネロイド血圧計と水銀血圧計を使った血圧の測定方法やベッドメイキングや臥床患者へのシーツ交換の方法を学んだうえで、一人ひとりが実践体験をしました。その後の座談会では、松田さんから現代看護事情や国家試験の話、吉本さんや千葉原さんからは看護学校での学びや自身の受験体験談,そして1年生たちからは昨年の受験や入学までの過ごし方について、さまざまな話しを聴くことができました。
本会を通して在校生は、今現在の病院の環境や看護師の仕事内容および受験について深く知ることができ、進路実現に向けてモチベーションを高めていました。また、ユニフォーム姿の眩い先輩たちの姿に自身を投影して思いを馳せていました。

ページの先頭へ