中学-ブータン料理・調理実習(国際交流)

17/07/13

7月13日(木)に、国際交流の一環としてブータン人のソナムチデンさんに来ていただき、ブータン料理の調理実習を行いました。また、保護者の方や本校の英会話教師・ティモシー先生などにもご協力をいただきました。
 英語でご指導いただきながら「Potato Cheese ブータン風」,「Phaksha Paa(豚肉と大根の炒め煮)」,「ほうれん草のスープ ブータン風」の3つの料理を作りました。
 実はブータンの方々は辛いものが大好きで、日本では調味料としてしょう油を使うのと同じように、ブータンではよく唐辛子を使います。今回も「Potato Cheese ブータン風」でブータン唐辛子を丸ごと1つ入れました。(本来は5個以上使うそうです。)
 生徒たちは、調理中に分からないところは英語で積極的に声をかけ、日ごろの学習の成果も発揮されました。
 中学生みんなで作った料理は、どれもおいしく出来上がりました。どのレシピも切って炒める・煮るなど簡単なので、ぜひ家でも作ってみましょう。
 ソナムさん、ありがとうございました。この場をお借りして、お礼申し上げます。
 We're very happy having a chance to enjoy cooking with you,Sonam!

ページの先頭へ